ハローワークでの職業訓練申し込み前に準備すべきこと:職歴がない人向け

ハローワーク
Pocket

こんちわ‼社会不適合者のあさきです。

早速ですが、ハローワークに行ってきました
職業訓練への申し込みをし、自分がにやりたい仕事が見つかった。

ハローワークで恥ずかしい思いをし
自分が真面目に生きてこなかったことを思い知らされました。

就職のコネがない方や、やりたい仕事をみつけきれない方には
勇気を持ってハローワークに行ってほしいです。

自分がハローワークで聞かれた内容や、行ってみての体験談になります。

「ただ生きてる」だけの生活

10年間グレーの仕事だけ続け目標もなく「ただ生きてる」だけの生活をおくってました。

30歳になり一人になると将来を考える時間ばかりが増え
「社会にとって意味のある、自分が成長できる仕事」をしたいと本気で思い始めました。

今自分がやりたい仕事はなんなのか?将来の夢や仕事ばかり考えるようになりました。

仕事にいかせる趣味や資格もなく、自分の才能も見つけ出せず

考えても考えても、「何をしたいのか?」わからないまま日々を過ごしてました。

1人で悩んでても進展しないので、友人に聞くと「やりたい仕事をやったら?」と言われるが

わからないから、だらだら生きてるのにと八つ当たりし

真剣に生きてこなかった自分が悪いと思い出しては、下ばかり向いてました。

「考える」を止めた脳みそでは、いくら考えても何も思いつきませんでした。

「考える」を止め、とりあえず「行動」しました。

「考える」ばかりではなく「行動」しないと今の環境は変えられない

行動すると立ち止まらなくなる

考えてるだけでは、始まらない!!自分がとった行動は

求人サイトを見てるだけでも、知人に紹介をお願いするのでもなく

直接ハローワークに行ってプロに相談する。

ハローワークの駐車場で、中にはいるのに20分ほど悩んだ

「そのまま今日は帰ろう、明日また来よう、こんな職歴のない人間なんてあいてにされない
行っても恥をかくだけだ」


勝手な思い込みで入るのが怖くなって逃げそうだった

受付で初めて来た事を伝えると、1対1での職員との面談になりました。

職員に過去の職歴を聞かれ

「闇カ○ノの店員時代の接客経験と、○金での営業経験があります」

など言えるはずもなく、日払いで友人の手伝いをしていると伝えました…..


職員の人は、中途半端な生き方の自分に真剣に向き合ってくれ

あなたがやりたい仕事を一緒にみつけようと、パンフレットを持ってきて

就職活動しながらスキルを身に着ける求職者支援訓練を紹介してくれました。

訓練コースのパンフレットと、やりたい仕事の条件を書ける用紙をもらい

次回の来店する日も決め

自分が立ち止まらないようにすぐにハローワークに来るよう組んでくれました。

求職者支援訓練については細かく書いた内容を投稿するつもりです。
簡単にまとめた動画があったので貼っておきます。

ハローワークに行く前に過去を整理しておく

2回目の担当の方には

「職歴なにもないんですか?」「どうやって生活してるの?」
「やりたい仕事は?目標は?」

結構厳しめに聞かれ、戸惑ってしまった。何も答えきれずに本当に恥ずかしかったです……泣

行動は大事だが自分みたいに職歴がない人は

勢いで行く前に伝える内容を整理しないと

情けない思いをして、逃げ出したくなるだけです。

職歴がない人がハローワークに行く前に準備しとく内容

  • やりたい仕事を決めておく

    やりたい仕事はハローワークに通いながら見つけきれるが、おおまかな職種を決める。
    就職活動をしながらスキルを身につける訓練を紹介するか
    就職を紹介するのかを職員さんが決めやすくなります。

  • 職歴を整理して 自分の経験を伝えやすくしとく

    過去のバイトや、就職してなくても友人や知人の手伝い(単発のバイト)
    夜の仕事とおおざっぱに答えると、結構細かく聞かれるので
    職種、仕事内容を前もって準備して伝える内容を準備する。

  • 生活状況 どうやって生活しているのか?

    貯金で生活をしているのか?親、兄弟、友人の援助?手伝いでの日払いバイト?
    あらかじめ決めておかないと一般の人からすると
    働いてないのに生活できてるのが不思議で結構細かく聞かれる。

まとめ

就職を紹介してもらうあてもなく、やりたい仕事がみつからないなら

求人サイトを見て、考えてばかりではなく

行動してハローワークに行くほうが自分の場合は、進展が早かったです。

同じ境遇の人間はたくさんいて、ハローワークの職員は社会からはずれた人に対して

何度も向き合っているので最善の方法に導いてくれる「社会復帰をサポートしてくれるプロだ」

担当によっては厳しく言われるが

職員は怒ってるのではなく、あなたのために真剣になって面談してくれます。


職歴」「生活状況」「やりたい職種」を決めてハローワークにいくとスムーズに話が進みます。

あなたも悩んでいるなら、あなたの世界だけで考えても解決するのに時間がかかります。

人は行動して、はじめて環境を変えられるので
行動するのが怖くても、恥ずかしくても、行動にうつせば

自然と新しい世界があなたについてきます。

求職者支援制度の内容、自分が見つけたやりたい仕事、学校への申し込みも投稿していきます。



コメント